たぶん本物です

今回はこちら

神林長平を中心に単行本を9点。

神林作品の比較的初期のところから、ごく最近のハヤカワJコレクションまで、新旧ありますのでぜひに。

さて、そんな品揃えなんですが、今回のオススメ、というか気になるのは『あなたの魂に安らぎあれ』

いわずと知れた神林長平の処女長編。私もン十年前に読んだときいたくシビれた傑作なのですが(幻鬼と女の子の絡みがいいんだよね)、それはそれとして、気になったのはこちら

著者のサインと夢枕獏の落書き!

おおっとSFファンなら思うところですが、ここで個人事業主としては「これって本物?」と疑っちゃうわけです。

ってのも、神林のサインが今のものとだいぶ違うんですな。

よく見る神林長平のサインって、横書きにシュッと書かれたものなんですよね(比較画像がなくてスイマセン)

「神」のしめすへんに特徴があるので、本人ぽいんだけど……

てことで調べてみると……

サインの宛名が初期のGATACON関係者らしいことがわかり(インターネットありがとう)、これにサインの日付がかなり初期(本書の刊行時)であることから推理するに↓

  1. 恐らくどこかのSF大会で、宛名の人物が神林からサインをもらった(同郷作家の初単行本だもの)。神林も慣れてないサインを丁寧に書いたことでしょう。
  2. 後にこのサイン本を見た夢枕獏が、どれどれ文庫の解説を書いた私にちょっと貸してみなさい、と言ったかどうかはわからないが、ともかくこの本にいたずら書きをした。

という経緯だったんではないかと。

てことで、お値段も少し高めにつけさせてもらいまいしたが、SFファン的にはなかなかに面白い一冊かと思います。ぜひ!

時代いろいろ新書いろいろ

今回は新書が12点!

古いとこだと鶴書房の豊田有恒『時間砲計画

新書初版の川又千秋『幻詩狩り』は日本SF大賞受賞作

あとは再刊だと笹本祐一「エリアル」はソノラマ文庫で番外編として刊行されたもの、火浦功「みのりちゃん」はハヤカワ文庫で出ていたシリーズのそれぞれ合本版です

個人的には朝松健の『屍美女軍団』がスラップスティックバカホラーの匂いがして気になりますw

創元ディックがいっぱい

今回はこちら

創元のディックを中心に、翻訳もの文庫13点です。

そんな中でオススメは

「宇宙船ビーグル号」の有名エピソードの原型版が収録されている『黒い破壊者』

そして

キム・ニューマンによるドラキュラの大胆な続編『ドラキュラ紀元』と『ドラキュラ戦記』

こちらはあまり見かけないので、お探しだった方はぜひ!

忘れないで 忘れないで

はい、今回はこちら

20200826_172918

山本弘を中心に、日本作家の単行本11点です。

サブカルの大槻ケンヂから現代文学の大江健三郎まで幅広いですねぇ(というかこの二人以外はプロパーですがw)

特に山本作品は状態もすこぶるいい良品ですので、この機会にぜひ!

 

忘れないで 忘れないで キミがこの世からいなくならないでと

ぼくが祈ってること

見事に釣られました

えー、お盆で1週空いてしまいましたが

今回はこれっ↓

20200816_143648

光文社文庫が9点

扶桑社ミステリーの時は真っ赤っかになりましたが、今回は空色!

実に空まで届けポカポカキュン!ないい色合いでございますな

で、この背表紙の時代の光文社文庫といえば、初期の神林長平作品が集まってしまうのでありますよ。

竹書房には頑張っていただきたい

今回は13点ですよ!

20200802_134935

ハルキ文庫のベテラン作品とか中公文庫のかんべむさしとかありますが、オススメしたいのは竹書房のホラーアンソロジー。

152705626

いい案配の表紙ですなw

これだけ見るといかにもなアンソロジーに思えますが、収録陣が面白い。

ダン・シモンズ、フィリップ・ホセ・ファーマー、ハーラン・エリスン、ラリイ・ニーヴン、ロバート・シルヴァーバーグ、パット・マーフィー、マイク・レズニック

ズラッと並べてみましたが、これだけで相当尖ったセレクトになっているのがおわかりかと。

いまも尖ったタイトルを定期的に出してSFファンの琴線に触れまくってる竹書房さんですが、90年代からこういうチャレンジングな企画を通していたんですなぁ。

アカイ アカイ サンケイ サンケイ

前回の日記を読み返して……

え~、東京オリンピックと大阪万博(というか坂本九ちゃんと三波春夫)がゴッチャになりました!

素で間違ってたよw

という反省を踏まえつつ、今回はこれだ!

20200727_171425

ご覧のとおり真っ赤っか!

タイトルに偽り無しのアカ!

ということで扶桑社ミステリーのホラーを13点。

スティーヴン・キングの短編集「スケルトン・クルー」と別名義長編「バックマン・ブックス」が中心となっております。

 

2020年の世界の国からこんにちわ

世間さまでは4連休ですなぁ

今日は10月からこっちに移動した「スポーツの日」でございますよ。

まぁ体育の日が10月になったのは’64年東京オリンピックがきっかけですので、そう考えると今回の祝日移動もそれはそうかと納得いくところもありますが。

とはいえ、せっかく移動した祝日も例のはやり病のせいでなんだかわけワカランことになってしまいましたな。

連休でもあんまり出かけるな!みたいな風潮だしね。

どっかの宇宙では、はやり病もなくて世界の国からこんにちわで東京がお祭り騒ぎになっている疑似イベント的オルタナティブ・ワールドもあるんでしょうな……

 

とまぁそんなときには読書ですよ読書!

今回はこちら!

20200718_161321

国内外作家の文庫本13点でございます。

おうち休日のお供にぜひ!

いまのうちに買っとけばお盆のときにも役立ちますよ!w

 

Bright Eyes

子どもの目が輝いているのは、常に新たな出来事に驚いているからだという話があります。

大人には当たり前のことでも、子どもにとってはセンスオブワンダー溢れる事件なんですよね。

ということで、今回はこちら↓

20200712_120830

・福武文庫の「現代童話」全5巻(第2巻ダブり)

・ちくま文庫のクラフト・エヴィング商會

・古橋秀之のラノベ

こちらの合わせて8点です。

いつものラインナップと比べるとちょっと毛色が違いますが、こういうのもたまにはいいでしょ?w

「広い視点で集められた現代の童話」と「レトロな空気をまとったセンスオブワンダー」と「 現代の正統派ジュブナイル」

子どもの気持ちを取り戻しながら、大人の鑑賞眼でお楽しみください。

 

小説家が書いた小説ではないもの

今回はこちらの12点↓

20200707_135119

Netflixで湯浅政明監督のアニメが始まった『日本沈没』のほかはノンフィクションを揃えてみました(夢枕獏『瑠璃の方船』は自伝的フィクションですが)

小説家が書いた小説ではないものってのは、フィクションを考える頭の中身を覗いているようで面白いんですよね。私は大好物ですw

個人的にプッシュしたいのは真ん中らへんにワシャッと固まってる菊地秀行の諸作。

私も映画好きですが、『怪奇映画ぎゃらりい』(小学館文庫)とか『魔界シネマ館』(ソノラマ文庫)は目利きのホラーガイドとして映画ファンにもオススメできる逸品だと思いますよ。

 

あと今気づいた偶然ですが、『日本沈没』と五島勉という70年代的終末論文脈に挟まれたランナップってのも、なんというか無意識に時代を反映しているような(んなことはない)

 

あ、今週末はアニメの「日本沈没」観なくちゃね。

湯浅監督こったから、津波がスゲーんでしょうなぁ(有料WEB配信なら表現自粛もしてないだろうし)