文字か画か

年末から映像というかアニメづいてる当店ですが、今回も映像寄りでございます。

内外作品11点!

各々映画原作だったり映像先行のノベライズだったり、あるいは番外スピンオフだったりとその中身は様々。

【原作】
オールディス『スーパートイズ』、バラード『太陽の帝国』がこの分類
ただスピルバーグの「AI」はどっちかというと「鉄腕ア○ム」が元ネタっぽい気もするけどねw
『サイボーグ009 完結編』もここに入りますかね。
漫画化が難航しそうなので故人の息子が小説書いたってことみたいですが、これで動き出して無事コミカライズにもこぎ着けたので、まぁメデタシ。

【ノベライズ】
『攻殻機動隊』と『20世紀ノスタルジア』はこれ
どっちも監督自身が小説に関わってますが、これ割と珍しいかも。
ちなみに小松左京『さよならジュピター』はちょっと特殊でして、先に小松自身が書き上げたシナリオがベースで、本来は映像化だけだったはずが連載小説の話が後からやってきたらしいです。
当時の小松左京が、メディアでどれだけ売れていたのかが垣間見える話ではあります。

【スピンオフ】
『ブレードランナー2』『侵略の惑星』『ウルトラマンF』がこちら
個人的にはここがいちばん好きです。画がないからその部分は作者の手腕次第ですからね。
『ブレードランナー2』は映画「ブレードランナー2049」とはなんの関係なく、K・W
・ジーターが書いた、どちらかというとディックの原作に寄せた続編。
「ブレードランナー」ラスト以降のデッカードの話で、3作目4作目(4は未訳)と続きました。
『侵略の惑星』はスターウォーズEp4の直後に出た作品。
「帝国の逆襲」がまだ形のなかった頃なので、かなり自由な展開になってます。
なんせダースベイダーがまだ○○の○○(一応伏せ字w)だとわかる前なので。
これ、多分だけどスターウォーズのスピンオフとしては最も早い作品なんじゃないですかねぇ(違ったらすいません)
『ウルトラマンF』はいわずと知れた「ウルトラマン」をベースに、円谷プロと早川書房のコラボ企画として生まれた一作。
先日惜しくも亡くなられた小林泰三氏の力作で、星雲賞も受賞しとります。

あと、田中芳樹関連の2冊はちょっと毛色が違ってます。
初期短編集の収録作は映像化もされてない(はず)

お台場の白くてデカくて開いて光るヤツ

えー、新年一発目でございますが、10日も過ぎておりますのでおめでとうは省略でw

てことで今回はこちら↓

年末の予告どおりガンダムです。

で、これまた年末に「ガンダムNT」を出してますのでその流れで「ガンダムUC」全11巻を。

ちなみにセット売りではなくバラになっておりますのでよろしくお願いいたします。

そういえばお台場のユニコーン見にいってないなぁ。

RX-78はバラされたヤツまで見にいったのに。

ちなみに横浜の動くヤツはちょっと思うところもあったりするので、動けるようになったら云ってみたいですな。

バイストンウェルの物語を覚えている者は幸せである

心豊かであろうから……

てことで今回はこちら↓

富野由悠季のバイストンウェル物をはじめ、アニメ系ノベライズ+懐かしのナイトライダーで計12点。

富野由悠季がアニメ「聖戦士ダンバイン」を失敗作だと言っているのは有名ですが(まぁこの御仁、たいていの自作に厳しいのですがw)、それでもバイストンウェルという世界にはなにかしら強い思い入れがあるようで、今回出しているほかにも「ファウファウ物語」などで再三この世界(と繋がっている地上界)を書いています。

「オーラバトラー戦記」がそもそもダンバインの語り直しですしね。やはり自分の中で決着をつけたい題材なのかもしれません。

個人的には好きなんですがね、ダンバイン。

西洋的世界なんですが、東洋的な転生思想や無常観が根底にあってとても富野的な作品だなぁと思います。

エンタメ史的にも、ドラクエ以前に西洋的異世界を紹介した作品として、また現在大量に生産されている異世界転生物の遠い先祖としても重要な位置にあるんじゃないかなぁと。

【12月23日追記】

書き忘れてましたが、今回で年内の更新は最後になります。

次回は年明け8日か9日ぐらいに。

たぶん今回の流れでガン○ムになるんじゃないかなぁと。

指食べたりはしません

今回はこちら↓

前回に続いて角川文庫の国内作家を12点。

「バビ・ストック」「プロジェクトA子2」のアニメノベライズをはじめ角川ヒロインのカバーなど、前回以上にビジュアル要素が強くなっておりますよ(ガンヘッドは映画の前日譚なのです)

ちなみに豊田有恒『両面宿儺』は某漫画・アニメとはモチロン全くの別ものですが、その名前はあちらのおかげでずいぶんメジャーな存在になりましたねぇ(この並びで入れたのはまぁちょっと狙ったw)

豊田有恒の短編の方は作者の考察がたっぷり入ってますので、両面宿儺の基礎知識を仕入れるために一読してみるってのも漫画・アニメファンの皆様にはいいかもしれませんね。

角川は画だねぇ

今回はこちら↓

角川文庫から半村良、平井和正、矢野徹のベテラン勢を12点!

生頼範義、加藤直之、永井豪(ダイナミックプロ)など、角川らしいビジュアル重視のカバー画も楽しいですな

題名募集中!

今回はこちら!

90年代前半のハヤカワ文庫JAを10点。

この時代らしい軽めの作品が多めになってます。

個人的にオススメなのはSFマガジン作家陣のリレーエッセイ『題名募集中!

みんな肩の力抜いてリラックスして書いてるのがいいんですよ。

この時代特有の軽みってんでしょうかね。空気感が心地いいです。

吾妻ひでおの表紙が内容を物語ってますなw

仮タイトル「題名募集中!」のまま文庫上下巻までいっちゃったっていう話も、いかにもこの連載らしくて楽しいよね。

地に足のついた荒唐無稽

今回はこちら↓

創元の国内作家を9点。

笹本祐一をメインに、山本弘の怪獣SF第2弾と宮内悠介のデビュー短編集となっております。

笹本祐一の作品はもともとソノラマ文庫で出ていたもの。

ワタクシ、笹本祐一は『妖精作戦』から「エリアル」の序盤(5巻くらい)までは新刊が出るたびに読んでたんですが、それ以降は「星のパイロット」シリーズと最新の「放課後地球防衛軍」シリーズくらいしか読んでなかったので、この機会に『裏山の宇宙船』を読んでみました。

で思ったんですが、笹本作品って、私たちが住んでても何の不思議もない世界で起こる、SF的理屈で説明される驚天動地の大騒動ってのが持ち味なんじゃないかと。

便利な魔法とか出てこないし、超能力だって限定的だしね。登場人物も基本的にはそこらにいそうな人ばっかりだし。

未読ですが「ミニスカ宇宙海賊」もこういう路線なんじゃないですかね?(タイトルからして)

そして、こういう持ち味が、ジュブナイルのソノラマ文庫から一般向けの創元SF文庫へ読者を連れて来ることができる原因なんじゃないかと考えたりしたわけです。

サンプルが私だけなんで自信はないですがw

もうアラフィフとかになると、どうやって活計を立ててるのかサッパリ分からない魔法世界の勇者とか、なんの防御も期待できない水着ヨロイとかは、シンドクて読めないんですよ。全然物語に入っていけなくて。

荒唐無稽な事件が起こるなら、ベースとなる世界は地に足がついてないと。

そういう物語にシンパシーを感じます。少なくともワタシはね。

一周忌を偲んで(眉村卓特集後半)

今回は予告どおりこちら

角川文庫の眉村卓、後半の14点になります。

11月3日が一周忌なんですね。

昨年、訃報に接したときに自分はいい読者じゃなかったと書きました。

いまも短編などを拾い読みしている程度なのでおこがましいのですが、この機会に未読の文庫を手に取ってみるのはどうでしょうか。

眉村卓特集前半

さて、今回と次回は角川文庫の眉村卓を集めましたよ。

まずは13点

氏の誕生日が10月20日ですので、それに合わせての前半でございます。

マクラで言ったとおり次回に続きますので、いろいろなお話はそのときに