Soulgearに関しまして

空想書籍専門店 Soulgearですが、在庫整理及びECサイト間のデータ整理のため、当面のあいだ新規更新をお休みすることとなりました。

再開のめどが立ち次第、ご報告申し上げます。

なお、お買い物は通常どおり可能ですのでぜひご利用ください。

引き続き、 空想書籍専門店 Soulgearの応援をよろしくお願いいたします。

空想書籍専門店 Soulgear
店主 高橋英知

 

という、アイドルがお休みするときの運営報告みたいなブログでしたw

ちなみに新規入荷更新は7月には再開できる予定です。

ハルキ文庫へのいい先入観

今回はこちら↓

日本作家の作品14点!

ハルキ文庫と徳間文庫のベテラン勢の作品でございます。

ハルキ文庫には以前にもハヤカワ文庫や角川文庫で見たタイトルが並んでいますが、個人的にハルキ文庫ってこういうイメージなんですよね。

早川でなんやかんやあって角川で出し直して、そっからまたなんやかんやあってハルキ文庫で出たイメージ。

とはいえ再刊で点数増やしてるとかいったネガティブなイメージはなくて、むしろ1970年代~80年代に刊行されていたタイトルで絶版or版元品切れになったものを、2000年代に手に入りやすくしてくれた文庫という印象です。

実際、小松左京や光瀬龍はハルキ文庫で手に入れたタイトルもあって、苦労せずに本が手に入るってのはありがたいもんです(マニア向け古書店がいうことではないですがw)

短編アンソロジーは海外SFの入口

と思うのですよワタクシは

んで今回はこちら↓

海外文庫が12点!

タイトルどおりアンソロジー多めですよ

角川『地球の静止する日』は映像化作品集

きょうも上天気』は浅倉久志が訳した作品からの選集

集英社の『気球に乗った異端者』は米誌「アシモフス」傑作選

青心社の「クトゥルー」はいわずと知れたラヴクラフトのクトゥルー神話をベースにしたシェアードワールド

という具合で、定番を手軽に楽しめる品揃えとなっております。

あと、店主超オススメの『竜のグリオールに絵を描いた男』も入荷しましたので、こちらもぜひ!