枕だったり鈍器だったり

はい!

今回の入荷もSFマガジン!

20190210_144337

1990年の揃いでございます。

さて、この年は創刊30周年だったり、通巻400号があったりとなにかと記念の年なのですが、そんななかでもオススメはこれだ!!

20190216_100330

ドーーン!

1990年10月号「創刊400号記念特大号」でございますよ!

見ていただければわかるとおり、SFマガジン史上最大の超弩級スーパーデラックス号になっとります。

内容はイチイチ書くのも面倒くさいほどウルトラゴージャスなんで、↓を見よ!!

20190216_100355

20190216_100445

こいつは歯ごたえありますぜ!

 

広告

お気に召すまま

さて、今回の入荷はSFマガジン

1989年の1年分、12冊揃いでございます。

20190205_104302

昨年までは単一のイラストレーターが手がけていた表紙画(1987~88年は佐藤道明)ですが、この年から一ヶ月ごとに別の作家さんを起用しています。

HAYMT0292-01

ちなみに

1月号:ひろき真冬
2月号:角田純男
3月号:横山宏
4月号:末弥純
5月号:木嶋俊
6月号:佐治嘉隆
7月号:奥村靫正
8月号:加藤洋之&後藤啓介
9月号:張仁誠
10月号:生頼範義
11月号:新井苑子
12月号:萩尾望都

いずれ劣らぬ作家陣ですが、さて、皆様のお好みはどの月でしょうか?

 

久しぶりにラノベについて考える

はい、今回の入荷は日本SF16点。

20190128_163600

ご覧のように、ハヤカワJAの近作とハィ!ブックス、徳間のデュアル文庫となっとるわけですが、この並びを見てるとラノベの境界線というものをまたもやボヤ~ンと考えてしまうわけですよ。

ハィ!ブックスはハヤカワのラノベ寄りレーベル(当時はティーンノベルとか呼ばれてたはず)

デュアル文庫は以前も書いたとおり、ラノベ境界線上レーベル。

で、ハヤカワJAの方も大西科学はラノベ作家として知られてるし、小川一水はラノベ出身で、ラノベの延長線上で楽しんでいる読者もいる作家さん。

伊藤計劃も個人的にはラノベ的に読まれているような印象があります。

まぁ「レンズマン」や『スラン』で分かるように、SFってのは歴史的にも少年向けだったわけで、ラノベとの境界線が曖昧になるのは当然といえば当然。あんまり深く考えない方が精神衛生上よろしいのでしょうがね。

でも、世に氾濫してる「○○が転生して○○」とか「異世界で○○になった○○が○○」みたいなシリーズをファンタジーやSFとは呼びたくないんだよなぁ

ル=グウィンが『夜の言葉』で当時氾濫していたYAファンタジーノベル(あちらのラノベ)に具体的な苦言を呈していますが、私のモヤッとした気分もその辺に理由があるのだろうなぁ(個々の作品を読まずに偏見を持っているのは認めます)

あ、ちなみに横山えいじ『マンスリー・プラネット』はSFマガジンに連載されていたコミックでございます。