忘れないで 忘れないで

はい、今回はこちら

20200826_172918

山本弘を中心に、日本作家の単行本11点です。

サブカルの大槻ケンヂから現代文学の大江健三郎まで幅広いですねぇ(というかこの二人以外はプロパーですがw)

特に山本作品は状態もすこぶるいい良品ですので、この機会にぜひ!

 

忘れないで 忘れないで キミがこの世からいなくならないでと

ぼくが祈ってること

見事に釣られました

えー、お盆で1週空いてしまいましたが

今回はこれっ↓

20200816_143648

光文社文庫が9点

扶桑社ミステリーの時は真っ赤っかになりましたが、今回は空色!

実に空まで届けポカポカキュン!ないい色合いでございますな

で、この背表紙の時代の光文社文庫といえば、初期の神林長平作品が集まってしまうのでありますよ。

竹書房には頑張っていただきたい

今回は13点ですよ!

20200802_134935

ハルキ文庫のベテラン作品とか中公文庫のかんべむさしとかありますが、オススメしたいのは竹書房のホラーアンソロジー。

152705626

いい案配の表紙ですなw

これだけ見るといかにもなアンソロジーに思えますが、収録陣が面白い。

ダン・シモンズ、フィリップ・ホセ・ファーマー、ハーラン・エリスン、ラリイ・ニーヴン、ロバート・シルヴァーバーグ、パット・マーフィー、マイク・レズニック

ズラッと並べてみましたが、これだけで相当尖ったセレクトになっているのがおわかりかと。

いまも尖ったタイトルを定期的に出してSFファンの琴線に触れまくってる竹書房さんですが、90年代からこういうチャレンジングな企画を通していたんですなぁ。