ラヴクラフト関連いろいろ

今回はラヴクラフト関連書とSFマガジン合わせて39点のアップです。

20170123_10492220170124_15113720170124_151405

今回のオススメは「アーカムハウス叢書」(国書刊行会)ですね。

かなり良好な状態だと思いますので、お探しだった方はぜひ。

あと、SFマガジンの1990年10月号は創刊400号記念号!

必読の古典から、当時の最先端(いまではネオクラシックですね)までまとめて読めるのは、はっきりお得だと思います!

個人的にはエリスン「死の鳥」とベア「鏖戦」が一緒に読めるってだけで目眩がしそうになりますw

あ、ヴァンス・アーンダールの「広くてすてきな宇宙じゃないか」もいいですねぇ。これはとてもいいです。

それと、SFマガジン1986年11月は、記憶だと日本でまとまった形でサイバーパンクを取り上げた最初の媒体だと思うので、こちらも気になった方はぜひ。

というわけで、珍しくどストレートな宣伝ブログでしたw

広告

ジャンルいろいろ(柔らかい表紙のやつ)

タイトル間違ってますな。菊地秀行『グッバイ万智子』だけハードカバーです。

という言い訳をしながら、今回はジャンルいろいろで計44点のアップです。

20170115_16401320170116_150135

新書版がいろいろ入りましたね。あと同人誌(岡田斗司夫『The OTAKU DIARY』)も入荷してます。

今後もゆるーい定義で「空想書籍」を扱っていきますので、ちょいちょい覗いてみてください。

クリスタルレイクには気をつけろ

前回のエントリで13日の金曜日を避けることにしましたので、本日、14日の土曜日に新入荷アップしました。

20170110_13043720170110_144152

今回は角川文庫のSFジュブナイル(赤背)と1974年~1980年までのSFマガジンで合計43点です。

この頃のSFマガジンは、目次を眺めると神林長平や大原まり子、野阿梓がデビューしていたり、「雪風」の第一作が掲載されていたりと、日本SFの世代(時代)の端境期にあることがうかがえてなかなか興味深いですね。

さて、次回は縁起担ぐ必要もないので、ちゃんと金曜日にアップできると思いますw

明けましておめでとうございます

正月も松の内を過ぎてもう10日だというのに、なに言ってんの? という声もあるでしょうが。

皆様、明けましておめでとうございます。

Soulgearは本日から通常営業でございます。

20170110_094136

酉年なのでぱっと思いついた『ダン・カウの書』をw

本年も地道に、店主が見つけた面白げな本を販売してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

次回アップは金曜(13日)か土曜(14日)の予定で、現在準備中です!

【追記】

あ! 13日の金曜日やん!

クリスチャンでも何でもないですが、縁起を担いで14日(土)にアップします!