題名募集中!

今回はこちら!

90年代前半のハヤカワ文庫JAを10点。

この時代らしい軽めの作品が多めになってます。

個人的にオススメなのはSFマガジン作家陣のリレーエッセイ『題名募集中!

みんな肩の力抜いてリラックスして書いてるのがいいんですよ。

この時代特有の軽みってんでしょうかね。空気感が心地いいです。

吾妻ひでおの表紙が内容を物語ってますなw

仮タイトル「題名募集中!」のまま文庫上下巻までいっちゃったっていう話も、いかにもこの連載らしくて楽しいよね。

地に足のついた荒唐無稽

今回はこちら↓

創元の国内作家を9点。

笹本祐一をメインに、山本弘の怪獣SF第2弾と宮内悠介のデビュー短編集となっております。

笹本祐一の作品はもともとソノラマ文庫で出ていたもの。

ワタクシ、笹本祐一は『妖精作戦』から「エリアル」の序盤(5巻くらい)までは新刊が出るたびに読んでたんですが、それ以降は「星のパイロット」シリーズと最新の「放課後地球防衛軍」シリーズくらいしか読んでなかったので、この機会に『裏山の宇宙船』を読んでみました。

で思ったんですが、笹本作品って、私たちが住んでても何の不思議もない世界で起こる、SF的理屈で説明される驚天動地の大騒動ってのが持ち味なんじゃないかと。

便利な魔法とか出てこないし、超能力だって限定的だしね。登場人物も基本的にはそこらにいそうな人ばっかりだし。

未読ですが「ミニスカ宇宙海賊」もこういう路線なんじゃないですかね?(タイトルからして)

そして、こういう持ち味が、ジュブナイルのソノラマ文庫から一般向けの創元SF文庫へ読者を連れて来ることができる原因なんじゃないかと考えたりしたわけです。

サンプルが私だけなんで自信はないですがw

もうアラフィフとかになると、どうやって活計を立ててるのかサッパリ分からない魔法世界の勇者とか、なんの防御も期待できない水着ヨロイとかは、シンドクて読めないんですよ。全然物語に入っていけなくて。

荒唐無稽な事件が起こるなら、ベースとなる世界は地に足がついてないと。

そういう物語にシンパシーを感じます。少なくともワタシはね。