そんなにみんな猫が好きなのか(およびこのブログの今後について)

えー、前回はこちらに入荷情報を上げませんでしたので、今回は2回分です↓20200614_172921

90年代後半のSFマガジンが23点

作家特集は
ディレイニー(’96年8月号)
ティプトリー(’97年12月号)
ハインライン(’98年5月号)
ラリイ・ニーヴン(’98年7月号)

テーマ特集は
改変世界(’96年3月号)
ナノテク(’96年7月号)
戦争SF(’96年9月号)
宇宙ハードSF(’99年5月号)などのオーソドックスなところから

エヴァンゲリオン特集(’96年8月号)
インターネット特集(’99年4月号)などの時代を感じさせるもの

そして
ネコSF(’97年6月号)
UFO特集(’98年6月号)などの変化球まで

ところで、ネコSFっていわれてもなるほどなぁって感じですが(ライバーの「ガミッチ」とかね)、犬SFってなんでそれほど関心を惹かないんでしょうかね?

ヤング「リトル・ドッグ・ゴーン」とかそれこそエリスンの「少年と犬」とか、語るに足る作品も結構あるはずなんですがね。

なぜか犬って肩身が狭い気がするんだよなぁ。

 

と、ここまで書いてきて

今後、このブログをどうしようかと考えてたわけなのですよ。

再開後からずっと。

てのも、このブログって個人商店とはいえ一応オフィシャルなので、あんまり好き勝手は書けないよなぁと、自分でブレーキをかけてるところがあるのですよ。

ほんとはSF以外の映画のことととか、ラリー(車のヤツね)のこととか、それこそアイドル(というか日向坂w)のこととか書きたいときもあるんですがね。

Twitterはね、いいんですよ。お店アカウントとは別に個人アカウントがあるので、そっちで好き勝手に書ける。

いままではそれでいいかなぁとも思ってたんですが、やっぱり窮屈なんですよね。

ということで、どうしたもんかなぁと。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中