くもの巣の小道

えー今回も雑誌です。

20200607_154007

90年代前半のSFマガジンを10点。

目に付くとこでは

ルーシャス・シェパード「グリオール」シリーズの一編(’91年12月号)

柾悟郎「ヴィーナス・シティ」集中連載(’92年7月~9月号)

マキャフリィとアシモフの特集(’95年10月号、12月号)

ディックの中編(’93年2月号) など

あと、’95年11月号で境界文学(スリップストリーム)特集(’91年11月号特集もこれに近い)を組んでるのは面白いですね。

この頃から、書く方からも読む方からもプロパーSFの枠組みって意識されなくなってきたような実感があります。

当時大学生~社会人の時期でしたが、ボルヘスに夢中になって、マルケスやカルヴィーノを読み出したのもこの時期でしたから。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中