シド・ミードについて(追補)

さて、今回もハヤカワ文庫の国内作家です。

20190526_160751

ハヤカワ文庫SF扱いになってる初期の平井和正諸作から、ぐっと下がって昭和のおしまいくらい、火浦功とか岬兄悟などのソフト路線まで全16点となっております。

 

さて、前回書いたシド・ミード展の感想なのですが、言葉足らずのせいで、自分の本来の感想とはだいぶズレた文章になってしまいました。

なので、今回もうちょっだけ書き足すことにします。

以下、その追補↓

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

20代の頃、バウハウスのデザインを観てすっかり魅了されたことがあります。

デザインに関してはズブのシロートですが、機能性に根ざしたシンプルさを持って、第一次大戦後の理想の未来像とでもいうべきものを指向しているそのデザインに、私は時代を超えたカッコよさを感じました。

そして今回、シド・ミードのデザインを観てあらためて感じたのは、そのバウハウスと同種のカッコよさでした。

1980年代、出自である自動車デザインをベースに「多くの人々が想像する未来の姿」を提示したシド・ミードから、私はシンプルで硬質な、どこかスマートな未来像を感じ取ったんです。

 

前回、私はシド・ミードが80年代に一種のブームとなったのは、時代の気分に彼のデザインがマッチしたが故だったのだと書きましたし、そのような側面はやはりあったのだろうと思います。

では、会期延長になり、土日は待ち時間が発生するほどの盛況をみせている今回の展覧会が明らかに示しているように、2019年の現在もなお、シド・ミードのデザインが人々を魅了し続けているのはなぜなのか?

 

第一次大戦後のワイマール共和国で発生したバウハウスが、現在のデザインに大きな影響を与えていることは、幾度も回顧展が開催されていることからも間違いないでしょう。

同様に、1980年代を中心に意欲的な仕事を発表してきたシド・ミードもまた、現代のデザインに深い影響を及ぼしているのではないかと私は考えます。

自動車や建築物をはじめ、文房具、AV機器、スマートフォンなどなど……。

映像作品への影響は言うに及ばず。

優れた工業デザインは、時代を経ても私たちの生活の端々にその痕跡を残しているものです。

そしてその痕跡が、オリジナルのデザインにいつまでも斬新で強烈な光を与えるのではないかと、そんな風に感じた展覧会でした。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中