アンソロジーの愉しみ

さて、今回の入荷はハヤカワ文庫から、海外SFのクラシック+日米の年鑑アンソロジーで合計16点でございます。

20190120_165921

前回の『誤解するカド』もオススメでしたが、今回もいいですよ!

年間傑作選である各々のアンソロジーはもちろんですが、ゼナ・ヘンダースンの「ピープル・シリーズ」2冊もオススメの作品集。

使い古されたセリフですが、SFの醍醐味は短篇にあり!

ぜひお手にとって、物語の切れ味をお楽しみいただきたいなと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中